2011年09月01日

中日・井端、ドーピングでけん責処分

日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング調査裁定委員会(委員長=加藤良三コミッショナー)は1日、中日の井端弘和内野手(36)が薬物使用(ドーピング)検査で陽性反応を示したとして、けん責処分とした。2007年に同検査が本格導入されてから日本人選手では初の違反者。通算4人目。

 同委は競技力向上目的ではなく、治療薬使用での球団内手続きミスと本人の誤った思い込みが原因と判断し、出場停止などのない最も軽い処分とした。中日球団には制裁金300万円を科した。

 井端は今年7月12日のヤクルト戦(神宮)で検査対象選手となり、尿検体から禁止物質の「プレドニゾロン」などが検出された。井端は09年4月、目の治療薬として炎症などを抑えるステロイド系薬物「プレドニゾロン」を「治療目的使用に関する除外措置」(TUE)として、NPB医事委員会に申請。以後も球団トレーナーに使用を報告していたが、TUE判定書の有効期限は同年5月30日までだった。球団はTUE判定書を保管していなかったという。

 井端は1日、阪神18回戦(ナゴヤドーム)に出場した。


レーシック怖いな、やめとこ

あと処分軽すぎだろ
posted by klein at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | baseball | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223714424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。